SEARCH

花嫁ビューティ

2022.10.21

結婚式で着るカラードレスの選び方ガイド。自分に似合う色を見つける方法も

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

カラードレスは花嫁にとって、憧れのドレスの1つ。真っ白なウエディングドレスも素敵ですが、色とりどりのカラードレスにはそれぞれ異なる魅力があります。自分に似合うカラードレスを着こなせれば、結婚式がより素敵な思い出になるでしょう。そこで今回は、失敗・後悔しないカラードレスの選び方と、アルカンシエルで人気のおしゃれなドレスを紹介します。

【基本】結婚式で着るカラードレスの選び方

カラードレスの選び方は1つではなく、何を基準にするかは人それぞれです。例えば、会場の雰囲気や季節感で選ぶ人もいれば、自分に似合う色の中から選ぶ人もいます。まずは、カラードレス選びに悩んだときの選び方を紹介します。

好きな色で選ぶ

自分の好きな色が明確にある場合は、好きな色のカラードレスを試着してみましょう。好きな色を身に纏うと、それだけで気分が上がりますよね。結婚式のドレスが自分の好きな色であれば、より楽しい時間を過ごせるはず。同じ系統の色でも濃淡やくすみの有無などで印象が変わるので、さまざまな色味のカラードレスを試してみるのがおすすめです。

結婚式会場の雰囲気で選ぶ

会場の雰囲気に合わせてカラードレスを選ぶと写真映えが叶い、素敵なウエディングフォトを残せます。例えば、ホテルや専門の結婚式場であれば、広々とした空間でしっかり存在感を放つ、深みのある濃い色やビビッドな色が似合います。ガーデンウエディングであれば、優しい雰囲気のパステル系カラードレスが相性抜群です。

結婚式の季節で選ぶ

結婚式を行う季節によってカラードレスを選ぶのも1つの方法です。例えば、春なら色とりどりの花をイメージしたピンクやイエロー、夏は爽やかなブルーやフレッシュなイエロー、秋冬はスモーキーカラーが季節の雰囲気とマッチします。

パーソナルカラー診断を参考にする

似合う色は、自分をより美しく見せてくれるもの。自分に似合うカラードレスを見つけるために、パーソナルカラー診断を活用する方法もあります。パーソナルカラー診断とは、自身の肌・目・髪の色、印象などをもとに、四季になぞらえたタイプを導き出し、自分に似合う色を教えてくれるサービスのことです。

例を挙げると、イエローベースのスプリングタイプと診断された人は、明るくフレッシュな色合いや、カラフルなビタミンカラーなどが似合う傾向にあります。パーソナルカラー診断を受けて自分に似合う色を見つけてから試着をすると、ある程度絞り込みができるため、自分に似合うカラードレスと効率良く出会えるでしょう。

【色別】結婚式で着るカラードレスが与える印象と雰囲気

カラードレスは色によって印象がガラリと変わります。ここでは、さまざまな色が与える印象や雰囲気を見ていきましょう。

【ピンク系】可愛らしく優しげな印象

優しさや可愛らしさ、やわらかさを印象付けたいなら、ピンク系のカラードレスがおすすめです。ピンクは色のバリエーション幅によって、与える印象が異なります。パステル系なら甘く、ビビッドカラーなら華やかに、くすみピンクは大人っぽくなど、色味やトーンによって雰囲気が大きく変わるところが魅力的。自分が叶えたい印象に合わせて選ぶと良いでしょう。

また、ピンクは日本人の肌の色になじみやすいとも言われています。

【イエロー系】明るくヘルシーな印象

ビタミンカラーのイエローは、明るく元気な印象が叶う色。パッと目を引くフレッシュな華やかさは存在感を放ち、披露宴会場でもガーデンウエディングでも写真映えします。

また、イエローはクラシカルな雰囲気の会場とも相性が良く、ダークウッド調の披露宴会場で着ると上品な印象を与えます。

【ブルー系】爽やかで涼しげな印象

カラードレスを爽やかに着こなしたいならブルー系がおすすめ。甘めな雰囲気よりもクールな印象を好む花嫁に人気です。

なお、ブルーも色の濃淡で印象が変わります。濃い色味なら大人っぽくシックな印象に、淡い色味なら軽やかで優しげな印象になるでしょう。涼しげに見えるので、夏の披露宴にもぴったりです。

【パープル系】大人っぽくエレガントな印象

パープル系ドレスはエレガントな印象が叶います。大人っぽく落ち着いた色なので、シックな着こなしがしたい人にもおすすめです。パステル系などの淡い色合いを選ぶと、プリンセスのようなロマンティックな雰囲気になり、可愛らしい着こなしも叶います。より華やかな装いにしたい場合は、装飾が多めのデザインを選ぶと良いでしょう。

【グリーン系】ナチュラル感たっぷりな印象

グリーン系のドレスはナチュラルな雰囲気が大きな魅力。やわらかく優しい印象を目指したい人、清純なイメージでドレスを着こなしたい人にもおすすめです。自然の多いロケーションだとより映えるので、ガーデンウエディングなど屋外の結婚式にいかがでしょうか。

ドレスの試着で意識したいこと3つ

気になるドレスが見つかったら、実際に試着をしながら検討することが大切です。こちらでは、カラードレス試着時のポイントについて紹介します。

1. 当日のヘア&メイクを加味して選ぶ

ドレスは当日のヘアスタイルやメイクも加味しながら選びましょう。普段の髪型・メイクで試着したときとドレス姿では、雰囲気が変わることもあるためです。

結婚式のヘアメイクを完全に表現できなくても、しっかりめのメイク+アップヘアなど、本番に近いヘアメイクなら当日の姿をイメージしやすくなりますよ。

2. 第三者の意見を聞く

ドレスの試着時は、婚約者や家族などできる限り他の人にも付き添ってもらい、正直な意見をもらうことも大切です。自分の主観と他者の客観的な感想は違う可能性もあります。第三者の意見も聞きつつ、自分に似合う一着を見つけてください。

3. 写真や動画を撮る

試着時は、写真や動画を撮っておくこともポイントです。正面・うしろ姿・バストアップは必ず撮影しましょう。写真を撮っておけば自宅で検討するときの参考にできます。

また、他の人に意見を聞くときも、写真や動画があった方が相手に伝わりやすくなります。

アルカンシエルで人気のカラードレス

アルカンシエルでもさまざまな種類のカラードレスを取り扱っています。ブランドやデザインなどバリエーションも豊富なので、ぜひ式場スタッフに相談してみてください。ここでは、アルカンシエルのオリジナルカラードレスの一部を紹介します。

大人可愛いラベンダー(ARC0042:lavender)

優しいラベンダー色のドレス。可愛らしい雰囲気にも大人っぽい雰囲気にも見せられます。デコルテや腕がすっきりと見えるビスチェタイプで、ウエスト部分に付いているビジューがアクセントに。ボリュームのあるチュールフレアーがゴージャス感も漂わせます。

華やかなイエロー(ARC0028:yellow)

パッと目を引く華やかなカラーが特徴的な明るいイエローのカラードレス。クラシカルな会場にも、ガーデンウエディングにもマッチするペールトーンが人気です。ボリュームのあるチュールフレアーで、華やかさがさらにアップ。

スモーキーなピンクグレー(ARC0042:pinkgray)

ビスチェ部分とスカート部分の色合いが異なる、個性たっぷりのカラードレス。スモーキーなピンクのチュールとオーガンを組み合わせたスカートが、甘さを抑えつつ大人っぽい雰囲気を演出します。背中が大きく開いたデザインなので、バックショットも印象的です。

爽やかなブルーグリーン(ARC0043:bluegreen)

爽やかなブルーグリーンのカラードレス。ビスチェ部分にあしらわれた白いチュールレースが可愛らしいアクセントになっています。ウエスト部分のネイビーのリボンもポイント。ブルー系ドレスをガーリーな印象で着こなしたい人におすすめです。

アルカンシエルでのドレス選び

アルカンシエルはカラードレスも多数ラインナップ。経験豊富なスタッフがお客様のご希望を丁寧にお伺いしながら、花嫁を最高に輝かせる一着を一緒にお選びします。

式場によっては、ブライダルフェアで衣裳サロンの見学が可能です。模擬披露宴や試食会など、結婚式を具体的にイメージしやすくなる他コンテンツも盛りだくさんなので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
ブライダルフェアの予約はこちらから。

結婚式でお気に入りのカラードレスを着こなそう

自分にぴったりのカラードレスとの出会いは、当日の気持ちをグッと高めてくれます。自分に似合う色から選んだり、好きな色や季節の雰囲気に合わせたりなど、さまざまな角度から検討して、運命の一着を見つけましょう。
また、小物にもこだわるとより素敵なウエディングコーディネートが叶います。自分に似合うカラードレスを見つけて、最高の一着でゲストをお迎えし、結婚式で感謝の想いを伝えてくださいね。
また、カラードレスは結婚式のお色直しとして、中座をして衣裳を変更するスタイルが一般的です。中座について詳しく知りたい場合はこちらの記事をチェック!

RELATED