QandA

2017.08.03 | 全店 QandA 

皆様いちどは悩む…結納について

アルカンシエルのブログをご覧の皆様、

こんにちは いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は結婚式の準備で皆様や親御様も戸惑う「結納」についてです。

 

以前は婚約を取り交わす儀式として、仲人様を介して

両家の自宅にて行っておりました。

最近では料亭やホテル、レストランなど個室を利用して、

食事会だけを行うケースが増えてきております。

 

まずはご両家の親御様のご意向を優先すると良いでしょう、

もし希望に相違があるようでしたら、新婦側を優先してみても良いかと思います。

 

結納飾りを用意しての結納となりますと関東や関西、

地域により品数や呼び方も変わってきます、いくつか紹介します

「小袖料」・・・結納金ともいいます

「子生婦」・・・結納品の1品、昆布です

「寿留女」・・・結納品の1品、するめです

「末広」・・・結納品の1品、扇子です

「家内喜多留料」・・・結納金とともにお渡しする、酒肴料

詳しくはお気軽にアルカンシエルスタッフへお問い合わせください。

担当プロデューサーがしきたりや地域差なども含めご説明いたします。

2017.06.25 | QandA アルカンシエル luxe mariage 大阪 その他 

司会者さぁ~~ん!質問で~~~す!!

・・と言うわけで、いきなり質問されてしまった男性司会者の由良です。

皆様、アルカンシエルのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

それでは早速ですが、タイトルの続きをスタート!!

婚礼司会業に長年携わらせて頂いていると様々な質問を受けます。

なかでも究極ともいえる質問!・・・それは・・・

 

「司会者さんって、本番で泣いてはいけないんですか?」というもの。

 

ええっ、う~~ん・・・

 

喜びに満ち溢れた新郎新婦お二人の晴れの日。

祝福と歓喜!感謝と感動!それらが交差してゆく

笑いあり涙ありの真実のドラマ。

 

それが人生最大の夢舞台・結婚披露宴。

 

宴のクライマックスとも言えるおやご様への感謝の花束贈呈シーンは、まさに感無量。その場のお二人・親御様のお気持ちに共感すればするほど感動に打ち震え、ついには感極まってまいります。

 

さて、そんな時に・・という事ですよね!ご質問の内容は。

 

「お二人の諸事情やご家族の背景如何によっては、そりゃ司会者さんだって泣いてしまう事もあるでしょ!」

「そんな時にはどうしようもないよね!」

「でも司会に影響してしまうのでは?」等々。

 

様々な思い、ご意見がおありでしょう。(これは結論が出ない?!)

では、強引にも?結論を!

 

「やはり宴を司る司会者としては、泣いて(しまって)は、良くないでしょうね!」これが、ほとんどの新郎新婦様がお生まれになる前から

司会業を営む私個人の意見、お答えです。

 

・・・しかし・・・しかし、私は思うのです・・・

「泣けない司会者は、もっと良くないんじゃないだろうか」と。

(泣いてしまったとしてもしっかり声を出して披露宴を進行することが、プロ司会者としての役目であると・・・。)

 

生涯一度の晴れ舞台。そこで、きら星のごとく輝くお二人の笑顔。

そう、喜び満ちるお二人と共に喜び、

そして、溢れくる涙を見ては心から感動する。

 

アルカンシエルの司会者は、そんな想いを持つ者の集まりです。

人生最大の門出の日、お二人とご家族のお気持ちに大いに共感し、

お祝いさせてください!!

2017.04.22 | QandA スタッフ紹介 アルカンシエル luxe mariage 大阪 

アテンダーの仕事

皆さんこんにちは!美容部の宮景です。
先日、桜が開花して葉桜と変わり、すっかり春の気候に変わりましたね。
皆さんはお花見どこか行かれましたか?
私は家族で京都の嵐山に行ってきました!

さて、本日は私達の仕事の一つアテンドについてのご紹介をさせて頂きます。
アテンドとは、新婦様のドレスフォローや、撮影のお手伝い、ヘアメイクのお直しなどをさせて頂きます。

ここ、アルカンシエルリュクスマリアージュ大阪では私達ヘアメイクのスタッフがお支度からお開きまでお二人のお傍でお手伝いさせて頂くので、新婦様もご安心して当日をお過ごし頂けるかと思います。

私はアテンドをさせて頂く際、好きなシーンがあります。

それは最後の贈呈のシーンです。

このシーンを見ると、様々な家族の形を見ることができ、何度見ても感動します。
アテンドをしているからこそ、気づける事や、感動する事がありそのたびに学ぶこともたくさんあります。

これから挙式、披露宴される方々に安心してスムーズにお過ごし頂けるよう精一杯お手伝いさせて頂きます!

お二人が素敵な一日をお過ごしできますように.....

2017.03.27 | 演出 QandA アルカンシエルベリテ大阪 

『ストーンアート』とは

ブログをご覧の皆様、こんにちは

アルカンシエルベリテ大阪、フラワーコーディネーターの杉原です。

今回は、ガーデンアイテムとその裏側を少しだけご紹介したいと思います。

大人気ガーデンアイテム、ストーンアートです。

今回はストーンアートの制作の様子をちょっとだけおみせします。

まず初めに石を並べていきます。

実はこのハート型ストーンアート専用に作った型なんです!!

いつも装花スタッフ2,3人で協力しあって制作しています。

完成したハートの中にお二人のお名前と挙式日を制作して

完成です!!

ゲストの皆様もお二人にも喜んで頂けること間違いなしのアイテム!

記念にもなりますよ!

ガーデンアイテムはまだ他にもありますので、装花部にお尋ねくださいね。

2017.03.16 | 全店 演出 QandA 手作りグッズ その他 未分類 

『シェアド婚』とは?

新郎新婦もゲストと一緒になって余興を楽しむ“シェアド婚”

新郎新婦も友人と一緒に余興

新郎新婦も友人と一緒に余興
『シェアド婚』という言葉を耳にするようになってきました。

具体的に『シェアド婚』がどんな結婚式かというと

ゲストも新郎新婦のおふたりと披露宴を一緒に楽しみ、

幸せを共有していくスタイルの結婚式です。

みんなが輪になって一緒に参加するというコンセプトですね。

友人にウェルカムボードやリングピローを作成してもらうなど、

準備段階から手伝ってもらったり、

余興も、ゲストの方が行うだけではなく、新郎新婦も一緒にダンスをしたり

演奏をしたりというスタイルです。

 

 

 

 

当日参加していない人にもSNSでシェア?

当日参加していない人にもSNSでシェア?
そして、

こんなことも・・・・

ゲストからおふたりへののサプライズも最近増えていますが

そのサプライズの様子をSNS上にアップするのです。

当日参加できなかった方もリアルタイムでサプライズの瞬間を

“シェア”できるというわけです。

まさに、SNSが普及した“今”ならではの結婚式ですね。

皆様もぜひ参考になさってください。

 

アルカンシエル  YOKOI
  • マタニティウエディング
  • ご新郎ご新婦様の声
ご列席者の方の声
  • アルカンシエルオリジナルブランド
  • アルカンシエルが贈る、人と人をつなぐ
結婚式の感動ストーリー
  • パーフェクトガイド
  • アルカンシェフ