スタッフ紹介

2017.04.22 | QandA スタッフ紹介 アルカンシエル luxe mariage 大阪 

アテンダーの仕事

皆さんこんにちは!美容部の宮景です。
先日、桜が開花して葉桜と変わり、すっかり春の気候に変わりましたね。
皆さんはお花見どこか行かれましたか?
私は家族で京都の嵐山に行ってきました!

さて、本日は私達の仕事の一つアテンドについてのご紹介をさせて頂きます。
アテンドとは、新婦様のドレスフォローや、撮影のお手伝い、ヘアメイクのお直しなどをさせて頂きます。

ここ、アルカンシエルリュクスマリアージュ大阪では私達ヘアメイクのスタッフがお支度からお開きまでお二人のお傍でお手伝いさせて頂くので、新婦様もご安心して当日をお過ごし頂けるかと思います。

私はアテンドをさせて頂く際、好きなシーンがあります。

それは最後の贈呈のシーンです。

このシーンを見ると、様々な家族の形を見ることができ、何度見ても感動します。
アテンドをしているからこそ、気づける事や、感動する事がありそのたびに学ぶこともたくさんあります。

これから挙式、披露宴される方々に安心してスムーズにお過ごし頂けるよう精一杯お手伝いさせて頂きます!

お二人が素敵な一日をお過ごしできますように.....

2017.04.07 | 全拠点 スタッフ紹介 その他 

『さくら』

ブログをご覧の皆様こんにちは。

寒い日もまだありますが少しずつ暖かくもなり、春がそろそろやってきそうですね。
春といえばお花見の季節。
お花見をしながら外で飲むお酒は最高ですね。(笑)

私の地元の駅前には大きな桜の木が1本あります。

1本だけの木ですが、毎年綺麗に花を咲かせるので、通勤前・帰宅時にちょっとしたお花見気分です。
今年はまだ満開にはなっていませんが、いつもこの時期になると駅に向かうのが楽しみになります。

是非みなさんもお花見の穴場スポット見つけてみて下さい☆

さっそく私は明日お花見に行ってきます♪

 

アルカンシエルベリテ大阪

コンシェルジュ 小泉

2017.04.06 | 全拠点 演出 アルカンシエルベリテ大阪 スタッフ紹介 

古き良きものを見直してみる

アルカンシエルベリテ大阪のブログをご覧のみなさま、
こんにちは、司会の藤川です。
ポカポカと陽射しも温かくなり、ずいぶん春らしい気候になってきましたね。
職場などでは、4月が新しい1年のスタート!というところも多く、気持ちを新たにされている方々もたくさんいらっしゃることでしょう。

先日、私の住んでいる地域の町内会が発足50周年を迎えたということで、町内にあるすべての家庭に記念として、「町内会の名前が入ったタオル」と「紅白まんじゅう」が配られました。
きっと50年くらい、この町に住み続けている地域のおじいちゃん・おばあちゃんが、「この記念になる思い出をみんなで分かち合おう」と考えてくださったのだろうなぁ…と思うと、何だかほっこり、温かい気持ちになりました。
名入りのタオルも、紅白まんじゅうも、最近ではあまり見かけなくなりましたが、70~80歳代のみなさんにとっては周年事業の記念品として当たり前の「定番アイテム」だったのだと思います。

世の中のものは日々、進化を遂げていて、ついつい新しいものに目が行ってしまい、古くからあるものや定番になっているものは、見過ごされがちになっているような気がします。
今回の記念品について、もし私が企画を任されていたら…可愛くて、先日いただいた時にとっても嬉しかった「アイシングクッキー」に数字や自治会の名前を入れてもらう等、今のトレンドを反映した提案をしていたかもしれません。


おそらく、タオルや紅白まんじゅうを配る…ということは思いつかなかった。
でも、定番が定番である意味…それは、長きにわたって、みんなから愛され、喜ばれてきたものであるということ。
だからこそ、タオルと紅白まんじゅうを受け取った私は、ほっこりとした温かい気持ちになったのではないでしょうか。

結婚式の中にも、「定番」となっているイベントや演出がいくつもあります。
なぜ、こんなにも長く、多くの方に愛されているのか…その理由を考えてみると、そこには、ゲストの方に喜んでもらえる結婚式を作るためのヒントが、たくさん隠されているような気がします。
新しいものだけでなく、古き良きものにも目を向けることの大切さを今一度、地域のおじいちゃん・おばあちゃんたちから教えていただきました。

2017.04.05 | アルカンシエル luxe mariage 名古屋 アルカンシエルガーデン名古屋 スタッフ紹介 料理 その他 

出張シェフ はじまる

おうちにシェフがやってくる!

出張シェフ事業(名古屋市内限定)が始まりました。

http://www.arcenciel-g.jp/arcenchef/

「記念日にもこんな料理でお祝いできたら・・・」

「大切な人においしい料理を食べてもらいたい」

きっかけは、そんなカップルの声でした。

 

育児中でなかなか外食できない奥様に

外出がむずかしいおばあちゃんにも

結婚式で食べるような豪華なお料理を

ゆったりと味わってほしい。

 

「そうだ!自分がお客様のご自宅へ出向いて

おもてなししよう」

 

そんなシェフの決意が

“Arc-en -Chef”の始まりです。

 

晴れの日の特別な料理を創る結婚式場の料理長が

あなたのお抱えシェフ

となります。

 

 

 

アルカンシエル YOKOI

2017.04.05 | 全拠点 演出 アルカンシエルベリテ大阪 スタッフ紹介 写真・ビデオ 

愛着

こんにちは。
メディアプランナーの藤田です。
いよいよ春です。
春らしく晴れてぽかぽかと暖かい日は、
ご結婚式の撮影でも、とてもいい雰囲気の様子や表情が撮れます。
映像にも気候の暖かさがそのまま映るような気がします。

いまどき、カメラといえばデジタルが普通ですが、
近頃、フィルムでの撮影が密かに流行っていたりします。
SNSなどで、実際にフィルムで撮られた写真などを見かけたりもします。
写真だけでなく、近日公開予定の映画などでも、
フィルムでしか出せない質感や雰囲気を出すために、
あえてフィルムで撮影した映画などもあるようです。

わたしも学生時代にフィルムで映像を撮ったことがあります。
フィルムでの撮影というのは、
手間も時間もコストもかかりますし、すごく難しいです。
フィルムを現像しないと、映像の確認もできません。
間違えがないように、一つ一つのカットをすごく大事に撮影しました。
その分、現像からあがってきて、映像を見れたときは
すごくうれしくて感激しました。

このブログを書くにあたって、
アナログならではの手間や味わい、
手間がかかるからこそ、その分、愛着が湧くし、
感激もするんだよなあということを思い出しました。

皆様の中でも、
手作りアイテムを作成されている方もいらっしゃると思います。
ご用意されるのは大変なことだとは思いますが、
すべてが仕上がったご結婚式当日は、
感慨深いものになること間違いなしだと思います!

1 2 3
  • マタニティウエディング
  • ご新郎ご新婦様の声
ご列席者の方の声
  • アルカンシエルオリジナルブランド
  • アルカンシエルが贈る、人と人をつなぐ
結婚式の感動ストーリー
  • パーフェクトガイド
  • アルカンシェフ