SEARCH

ゲスト

2022.04.13

結婚式でスーツをおしゃれに着こなそう。男性向けのマナーや選び方、小物の合わせ方も解説

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

結婚式に男性がゲストとして出席する場合、スーツの着用が基本です。結婚式の服装マナーをおさえつつ、おしゃれにスーツを着こなしたいと考える人も多いでしょう。そこで本記事では、結婚式のスーツのマナーとともに、おしゃれなスーツの選び方を解説。あわせて、スーツスタイルに似合う小物類の選び方なども紹介します。

結婚式のスーツのマナー

結婚式のスーツ選びをするなら、服装マナーをおさえておく必要があります。まずは、結婚式のスーツのマナーについて紹介していきます。

結婚式でのゲストの服装は準礼装または略礼装

結婚式は、どのような立場で出席するかによって服装マナーが異なります。新郎や両家の父親はタキシードやモーニングなどの正礼装にあたるスーツを着用します。ゲストはディレクターズスーツやブラックスーツなどの準礼装、ダークスーツなどの略礼装にあたるスーツを着用するのがマナーです。

ビジネススーツで代用するのは避ける

ビジネススーツとは、ビジネスシーン向けに作られているスーツのことです。日常使いするものなので、ややカジュアルなカラーや素材などを使用しています。ビジネススーツのなかでも、カラーや素材にカジュアル感がなければフォーマルの場にもマッチする可能性はありますが、避けた方が無難でしょう。
冠婚葬祭で着用するスーツは、いわゆる礼服と呼ばれるフォーマルスーツです。格式の高い場で着るものなので、カジュアル感はありません。

派手過ぎるもの・個性的すぎるものは避ける

白色系のスーツは新郎と被るため、着用は控えましょう。また、派手なカラーや個性的なデザインのスーツは、新郎より目立ってしまう可能性があるので避けてください。あくまでも主役は新郎新婦だということを忘れずに、スーツ選びをすることが大切です。

【結婚式】大人の男性に合うおしゃれなスーツの色

結婚式のスーツのマナーがわかったところで、具体的なスーツの種類を見ていきましょう。大人の男性のゲストスタイルにふさわしいおしゃれなスーツを紹介します。

「ブラックスーツ」で品よくかっちりまとめる

フォーマルスーツの王道とも言えるブラックスーツは、準礼装にあたる服装。光沢のない深い黒色が特徴的で、高級感があり、品も申し分ありません。かっちりした真面目な着こなしをしたい人におすすめです。
ブラックスーツには差し色などが映えるので、小物で個性を出すのも良いでしょう。厳格な結婚式やクラシカルな結婚式にマッチしやすいスーツです。

「ダークス―ツ」で自分らしさを演出

ややカジュアルな結婚式にマッチするダークスーツは、略礼装にあたるスーツ。ダークネイビーやチャコールグレーなど、その名の通りダークトーンカラーのスーツです。
黒色のスーツでも光沢感のあるものは、ダークスーツに分類されます。また、光の当たり方で見える目立たないストライプ柄のシャドーストライプもダークスーツの1つです。バリエーションが多いので、自分らしさを出しやすいでしょう。
なお、ベストをプラスしたスリーピーススタイルもおすすめです。披露宴の途中などで上着を脱いだときにも上品になり、また、スタイルアップも狙えます。ベストの色だけ変えるのもおしゃれです。

長く愛用できるスーツの選び方

フォーマルなスーツは基本的に頻繁に着用するものではありません。良い物を選び、長く大事に使いたいものですね。次に、長く愛用できるスーツの選び方を見ていきましょう。

自分の体にぴったりあったサイズのものを選ぶ

サイズが適切なスーツは、スタイルアップして見えます。反対にサイズが合っていないスーツはだらしなく見えてしまいがちです。自分のスタイルを格好良く見せてくれるスーツなら、長く愛用できるはず。スーツを購入する際は、自分にぴったり合ったサイズのものを選ぶことが重要です。
店頭でスタッフに採寸してもらうなどしながら、実際に試着して細かくフィット感を確認します。気になる部分はお直しするようにしましょう。

流行りや年代に左右されないデザインを選ぶ

スーツを長く着るためには、デザインにこだわることも大切です。流行りや年代に左右されない定番デザインのスーツなら、長く使えるでしょう。できる限り幅広いフォーマルシーンに着られるものを、自分の好みも踏まえた上で選ぶと失敗しにくくなります。

【結婚式】スーツに合わせたいおしゃれな小物

無事スーツを選べたら、合わせる小物もチェックしましょう。小物にこだわればコーディネートのアクセントにもなり、よりスーツスタイルをおしゃれに演出できます。ここでは、スーツに合わせたい小物を紹介します。

色や襟元でおしゃれを演出「シャツ」

シャツの色は白無地が基本ですが、ダークスーツに合わせる場合は、折り柄タイプや淡いカラーなどのシャツでも構いません。スーツの色に合わせて、シャツの色も考えてみると良いでしょう。
襟の形はレギュラーカラーが一般的です。ボタンダウンの襟はカジュアルなので避けた方が良いですが、その他の襟の形で変化をつけるのは問題ありません。襟幅の開いたセミワイドカラーは、ネクタイの結び目のおさまりがよく見えます。襟に紐が付いているタブカラーは、ネクタイの結び目が立体的に見えておしゃれ度がアップします。

カラーやデザインで雰囲気が変わる「ネクタイ」

ネクタイは白やシルバー系が基本ですが、パステルカラーなど淡い色合いも可能です。無地だけでなくストライプやドットなど柄物でも構いません。ただし、派手になり過ぎないよう気を付けましょう。
ネクタイは結婚式のスーツスタイルのなかでも比較的自由度が高く、自分らしさを出しやすい部分です。ほど良いゴージャス感を演出したいならシャンパンゴールドのネクタイもおすすめ。また、紫は位の高い色とされていた歴史があり、薄紫のネクタイは高貴な雰囲気を演出できます。

スーツスタイルをさらにドレスアップ「チーフ」

上着の胸ポケットにチーフを入れるとより華やかさが増します。スーツの差し色にもなるのでぜひ取り入れたい小物です。ポイントはネクタイなど他の小物とカラーを揃えること。例えばネクタイがシルバーならチーフもシルバーにすると、コーディネートの中にまとまりが生まれておしゃれに見えます。

コンパクトでシンプルなものを「バッグ」

結婚式で男性がバッグを持つ場合は、コンパクトなクラッチバッグがおすすめです。フォーマルシーンには、小さめのサイズがふさわしいでしょう。
デザインは、無地でダークカラーのものが基本です。スーツの色や素材と合わせると、統一感が出ておしゃれになります。なお、派手な柄やカジュアルなデザインは控えた方が無難です。アニマル柄も殺生を連想させるため、避けてください。

【結婚式】スーツに合わせたいおしゃれなシューズ

おしゃれにスーツを着こなすなら足元まで気を配りましょう。最後に、フォーマルなスーツスタイルにマッチするおしゃれなシューズなどを紹介します。

足元は手堅く決める「シューズ」

スーツに合わせるシューズは、革靴が基本です。カラーは黒で、内羽根のプレーントゥやストレートチップなどのデザインがフォーマルです。メダリオンなど装飾の多いデザインはカジュアルに見えるため控えましょう。スニーカーやサンダル、ブーツなどカジュアル感のあるシューズも避けてください。

色を揃えておしゃれ感を「靴下」

靴下の色は、スーツの色に合わせましょう。靴の色に合わせるのもおすすめ。例えば、スーツが黒なら靴下も黒を選べば間違いありません。チャコールグレーのスーツに黒い革靴を履くなら、靴の色に合わせ黒い靴下を履くなども良いでしょう。靴下と靴、小物の色を揃えるとまとまりが出ておしゃれ感がアップします。

結婚式でスーツをおしゃれに着こなし大人の男性らしいスタイルを

マナーをしっかり守りつつおしゃれに着こなす、これが結婚式における大人の男性の理想的なスーツスタイルです。さまざまなマナーはありますが、スーツや小物の選び方次第で自分らしさを出しながらおしゃれも楽しめます。ぜひこの記事を参考にしながら、自分に似合う結婚式用のスーツを新調してみてはいかがでしょうか。
〈 / 〉

RELATED