『No Rain, No Rainbow』

2019年10月16日 (水曜日) | アルカンシエルベリテ大阪 スタッフ紹介 写真・ビデオ その他 

皆様こんにちは。

先日ある方から、虹にまつわる素敵なことわざを教えて頂きましたので、皆様にもご紹介させてくださいね。

それは、『No Rain, No Rainbow』、意味は、『雨が降らなければ、虹は出ない』です。

 ハワイに伝わることわざで、

『嫌なことが起こっても、その後にはきっと良いことがあるよ』という意味を表しているそうです。

アルカンシエルベリテ大阪には、チャペルから続く大階段や、海外のリゾートのようなガーデンに憧れてご結婚式を挙げられるお客様が沢山いらっしゃいますので、それだけに天候は大きな関心事です。

私達スタッフも、天候に恵まれますようにと願いながら当日を迎えるのですが、たとえ雨が降ったとしても後で美しい虹が出たら、大きなサプライズプレゼントをもらえたようで、なんだかハッピーな気持ちになりますよね。

このブログでもご紹介させて頂いたのですが、ご披露宴中は激しい雨に見舞われたのが、デザートビュッフェになった途端に雨が上がり、ガーデンに二つの虹『ダブルレインボー』が掛かる素敵な出来事がありました。

 そして、先日また見ました!人生二度目のダブルレインボーに、またもやここで出合いました。

今回は、式場全体を覆うような大きなアーチ!

『アルカンシエル(フランス語で虹の意)』というだけに、やはり引き寄せるのでしょうか。

今度はいつ出合えるのかな…私も自称『晴れ女』でしたが、これからは『虹女』を名乗ろうかな、なんて考えている、司会の猪原がお届けしました。