“美味しさには温度にまつわる理由がある”

2019年01月26日 (土曜日) | 全店 演出 アルカンシエル横浜 luxe mariage 料理 

アルカンシエルの公式ブログをご覧の皆さまこんにちは。

 

今回は、披露宴でのお料理の火加減にまつわる

アルカンシエルのこだわりについてお話しできればと存じます。

 

皆さまは、お肉料理の赤い部分は

実は火がよく通っているということをご存知でしたか。

 

アルカンシエルのお肉料理は約150度で5分以上加熱しているので、

お肉の中心は約60度で1分半ほど加熱されていることになります。

 

つまり、お肉料理の赤い部分は生ではなく火が通っているのです。

また、お魚料理に関しても基本的には約150度で5分ほど加熱しています。

 

これらのお魚料理やお肉料理の加熱時間は

食材の良さを最大限引き出す加熱時間で、

これ以上の加熱は口当たりや味を損なってしまうので

よりベストなタイミングを狙って調理をしています。

 

これらのベストな温度とタイミングで仕上げられたお料理を

最高の状態で体験していただくためには、

お料理が仕上がってからとにかく早く

お客様のもとへと届けることが大事になります。

 

そこで、「オープンキッチン」の出番です。

オープンキッチンから素早く料理が提供できるからこそ、

ベストな温度での料理体験が叶うのです。

 

“美味しさには温度にまつわる理由がある”

 

次回のブログもお楽しみに♪