四季を彩る桜

2018年03月05日 (月曜日) | アルカンシエル南青山 料理 

ブログをご覧の皆さま、こんにちは。アルカンシエル南青山 シェフの富岡です。

最近は暖かい日も増え、だんだん春の香りがしてしましたね♪

春の代名詞でもある桜は、皆さまに馴染み深い花の一つだと思います。

デザートとしてはこの時期よく目にするとは思いますが、

アルカンシエル南青山では桜をオードブルに合わせてみましたので、お披露目したいと思います!

そんな桜に組み合わせる食材は…

桜鯛です。

桜鯛もこの時期ならではなので、季節を感じられる食材の一つとして桜に合わせました。

桜鯛は昆布で2時間マリネし、さらに桜の葉で1時間マリネします。

このひと手間が鯛に昆布のうまみ、桜の香りを移し、より美味しく仕上げることができるんです。

ソースは新玉ねぎのピューレに塩抜きした桜の花をきざんだもの、あとは抹茶の塩とオリーブオイルです。

桜が繊細な味と香りを持つので、シンプルに仕上げてみました。

 

旬な食材を取り入れることで、料理から季節を感じられると素敵ですよね♪

そんな五感で楽しめるお料理を楽しんでいただけたら幸いです。

 

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

次回の旬食材のブログもお楽しみに・・・☆